円形脱毛症になってから、

免疫力の正常化に向き合いました。

 

そうすると、腸内環境がカギということが判明しました。

他には、内臓に負荷がかかる以下のようなこと。

  • 睡眠不足
  • スマホ依存
  • たばこ
  • お酒
  • 偏った食生活
  • ストレス

 

今回は、食生活にフォーカスして、

免疫力との3つの約束について書いてみます。

 

1.朝ご飯を食べる

朝ご飯を食べることは、腸内の活性化に繋がります。

 

1週間朝ご飯を食べる生活と、そうでない生活では、

3時間分くらい働きが異なります。

 

1日朝ご飯を食べないと、

食べる生活に戻るのに1週間影響します。

 

2.いろんなものを食べる

足りない栄養素は、サプリメントで補えると思っていませんか??

 

それぞれの食べ物に対する酵素が存在します。

多様な腸内酵素を活性化することが免疫力に繋がります。

 

偏食して、サプリメントを大量に飲むというのは、

腸内環境が活性化せず、

免疫力を維持し続けることが難しいということになります。

 

3.消火に良い物を食べる

冒頭でお伝えしたとおり、

内臓への負担が腸内環境に影響します。

 

消化に良い物を意識的に食べることで、

体調が良くなる効果も期待できます。

 

無添加の食材の効果は、

自己免疫疾患の増加に伴って注目を浴びているものです。

 

化学製品が身体に及ぼす悪影響は、

なぜか医科学会で無視されており、

今後も考えていくべき課題です。

 

消化に良い物は、

化学製品がなるべく含まれいない物という意味もあります。

 

最後に

食べ方を意識することで、

腸内環境を整える一歩になります。