TODOリスト、使っていますか??

正直、まだ使ってるの??って思います。

大事なデートのときに、TO DOリスト使いませんよね。

 

TO DOリストは、

あるタスクのブレイクダウンタスクに対するチェック方法です。

 

TO DOリストの40%は実施されないと言われています。

理由は、スケジュールしていないから。です。

 

 

大富豪がTO DOリストを使って作業してたと思いますか??

 

故スティーブ・ジョブズ氏は、言いました。

 

なにをやったかよりもなにをしなかったのかを誇りたいと。

 

剛力彩芽と話題を作っているスタートトゥデイの前澤勇作氏も、無駄なことはしたくない。

好きなことだけをしたい。と。

 

飛び抜けてある地点に達成するためには、

脱線せずに、少量のことにリソースをフォーカスし、

そこが自立したときに初めて他の部分にリソースを投入するのが大事です。

 

コツはスケジューリング

 

iPhoneや一部のカレンダーアプリのTO DOリスト機能には、

期限を設定することができます。

 

つまり、あるアクションアイテムをMECE、

漏れなくダブりなくするために使用します。

 

最後に、すべてのアイテムには実施する日を設定します。

 

資格試験やトレーニングなどは、

決まった日の決まった時間に設定しておきます。

 

仕事でどうしてもできなくなったとかの場合は、

随時リスケジュールします。

 

TO DOリストのように、

「時間のあるときにやる」などといって二度とやらないことにはなりません。

 

 

NOT TO DOリストのすゝめ

 

NOT TO DOリストはオススメです。

 

人は1日に大小23もの決断をしているそうです。

そのほとんどが、習慣によるものとされています。

 

感情の起伏も含めて、人の選択は習慣と判断でできています。

 

良い新習慣を身に付けるためには、

良い行動選択が必要です。

 

 

これを機に、NOT TO DO リストを作成し、

スマートフォンのロック画面か、

アプリの並んでいる画面に設定してみてください。

 

世界を変えることができるかもしれません。

 

忙しい社長のための「休む」技術

今回の教科書は、「忙しい社長のための「休む」技術」です。

リンクは、こちらです。