タスク管理で失敗した経験を見事に活かせず、失敗した日でした。

ここで、タスク管理に必要な基本を抑えておこうと思います。

タスク管理の目標は、ヌケモレをなくし、期限内に求められている品質を確保するためです。

1.時間をかけない

仕組みも含めて、管理工数に時間をかけないようにします。

特に、進捗入力ルールや管理表の項目数などに注意しないと、報告作業に時間がかかります。

これは、本来不要である管理工数が、管理というリスク管理の元行なっているコストを削減する目的があります。

2.目的に合致すること

管理表の目標は期限管理でしょうか?、それとも品質管理?、生産性管理でしょうか?、目的にまず合致する仕組みを作りましょう。

もし、ルールや管理表を修正するなら、目的への最適化になっていることを確認しましょう。