時間対成果が高い人っています。

凡人の3倍の量をアウトプットできたり、

同じ時間で3倍の質を担保できたりします。

基本的な立場としては、

みんな効率化について考えて、

勉強したり、方法を探します。

また、自己流に工夫して

取り組んでいる人もいるでしょう。

実際に成果を上げている人は、

効率化に対する経験値が高いということ。

考えるより、

やるととに意識があるため、

効率化の技術が上がっているのです。

もっとシンプルにいうと、

「どうしたら効率化になるかを考えるより、

効率化を目指しつつ、とにかく短い時間で質と量を上げる。」

ということになります。

基本概念なのか、日々効率化していて、

追いつけないレベルにいる人は、

効率化のツールでデバイス、

ノウハウなどの技術書にも詳しいです。

ツールを使う技術の訓練も怠らないので、

内容の確認や根拠の調査など、の品質担保や、

打ち合わせ、思考などの創造に時間を避けるのです。

今一度、中途半端になっていないか、

見直してみてはいかがでしょうか。

#SNPJ_40th.