最近、マイスター先輩がミルキーに飽き始めてきた昨今、

いかがお過ごしでしょうか。

ミルキーが流行りだしたのは、めざましテレビ報道内での「10ペコ」の話からです。

 

 

 

包装紙にペコちゃんを取り囲む部分を含んだ完全な状態で10体が1枚に印刷されている状態を「10ペコ」と呼び、それはラッキーとされていました。

しかしながら、10ペコの登場が当たり前となりつつあり、「大吉」や「ラッキークローバー」などの出現すら珍しくなくなりつつありました

興味は既に未知なる大玉ミルキーになっていたのです。

 

大玉ミルキーとは、200個に1個の割合で入っていると言われている1.5倍の大きさを誇るミルキーです。

大玉ミルキーだけの商品もあり、知名度や人気は以外に高いのです。

 

今は、大玉ミルキー以外の興味は、複合的なレアです。

10ペコでありながら、ラッキークローバーや、

10ペコでありながら、大吉などです。

大玉と、複合レアが今の関心事となりつつあります。

 

そういった事情の中で、5ペコ未満超レアということに気が付きました。

そして、ムー先輩が6ペコを引き当てたのです。

 

私は興奮しました。

「印刷幅の限界だ。」思わず口走りました。

 

くだらないと言ってしまえばそれまでですが、偶然や形式などを大切にすることが、長期的に成長し、ある偶然と重なって大成功するためのマインドセットだと今では考えています。

 

楽しいことをしながら、頭を回転させる仕事をしても疲れるんですから、

いろんなオプションを用意しておいてもいい気がします。