アンケートって英語なのか、違うなら何語なのかが気になりました。

日常的に英語表記をノートにする私としては、表記ゆれは想像以上にメモとしての機能を低下させます。

Weblioとか、Excite翻訳辺りでは、フランス語の”enquête”、ドイツ語の”enquete”が出てきます。

(あー、これは、ドイツ語が日本語のアンケートの由来だなと思った瞬間でした。)

参照のURLのすずきひろし氏と同じ流れで、調査が遷移し、surveyとquestionnaireの違いに行きつきました。

そして、教わりました。

参照しますと、

===以下、参照===

surveyのsurはsurfaceのsur。veyは「見る」。visionとかvideoやviewの仲間です。envy(うらやむ、嫉妬する)のvyが形としては近いですね。surveyで「上辺をさっと見る」という感じから「調査」という訳語があてられます。調査は調査でも特定の部分に踏み込んだ調査じゃなくて、全体をざっと見渡す調査です。

survey about job equality for women (女性の雇用平等に関する調査)

survey of living standards (生活水準調査)

survey of public opinion (世論調査)

economic survey (経済調査)

その調査の方法としてアンケートがあって、そういった世論調査のようなアンケート調査のこともsurveyといいます。

employee survey (従業員に対する意識調査)

customer survey (顧客アンケート、顧客調査)

telephone survey (電話調査、電話アンケート)

questionnaireを使った例は:

consumer questionnaire (消費者アンケート・顧客アンケート)

guest questionnaire (お客様アンケート)

return one’s questionnaire (アンケートに答える)

survey by questionnaire  (アンケートによる調査);これがsurveyとquestionnaireの関係をうまく示す言い方だと思います。

つまり、

「ざっとみるための調査・研究」がsurvey。

「調査するためのアンケート質問(票)」がquestionnaire。

===以上、参照===

答えとしては、これが全てです。

アンケートは、questionnaire。

意識調査は、survey。

という住み分けがあります。

それぞれの短縮形表記が以下にまとまっています。

Global 頭字語

頭字語と QUESTIONNAIRE

http://jp.globalacronyms.com/DEF-Questionnaire

当面は、これで大丈夫。