◆人はなぜ眠るのだろうか。

人がなぜ眠るのかの生物学的な謎は解明されていない。

ただ、起き続けることが大きなリスクであることと、

寝ることによってさまざまな点でリセットされるということは分かる。

日中の私たちは活性酵素にさらされ、

紫外線や大気の汚れ、更にはストレスなどが加われば拍車をかけるようなもの。

しかも、テレビやパソコン、スマホやケイタイなどの情報にさらされていて、

いったんリセットしないことには、人としての生活は耐えられない。

 


 

◆睡眠の種類

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠からなっているのはご存じだろう。

寝入れば浅いノンレム睡眠に突入し、

4段階の深いノンレム睡眠となる。

そしてレム睡眠になる。

これは、眼球が回るという意味の”Rapid Eye Movement”からREM睡眠の名が付いている。

その後また、浅いノンレム睡眠から深いノンレム催眠を繰り返す。

これを4~5回繰り返すうちに徐々に睡眠が浅くなり、

朝を迎えるという仕組み。

ノンレムは脳の休息、

レム睡眠は身体の休息と考えられている。

活性酵素がほとんどない睡眠中、

傷ついた身は修復され、情報にさらされた脳の整理が行われる。

人としてはともかく、

生物として生きるなら、習慣的に寝ておこう。

 

-Yahoo!知恵袋 「睡眠不足のリスク」

⇒ リンク

-リクナビ派遣 「太らない睡眠法」

⇒ リンク

-美的 「かくれ不眠チェック」

⇒ リンク