『まんがでよくわかるシリーズ』に、ラッパのマークの『正露丸のひみつ』が登場――Webで無料配信

【所感】

大手製薬会社「大幸薬品」は7月10日、研出版ホールディングスの出版社「学研パブリッシング」による出版で小学生向け学習まんが『まんがでよくわかるシリーズ』から『正露丸のひみつ』を刊行しました。

『正露丸のひみつ』は、胃腸薬「正露丸」の歴史や薬の効き目についてまんがで表現した児童書で、下痢が起こる理由や正露丸の飲み方・歴史などについて書かれています。

書店では販売されず、養護学校、ろう学校を含む全国の国公私立小学校約2万2300校、および約3200館の公立図書館に寄贈されます。

また、Webサイト「学研キッズネット」内の「まんがひみつ文庫」と、電子書店「BookBeyond」で3年間の無料配信します。

マンガプレゼン

マンガで伝えるプレゼンテーションのための講座が開講されており、プロの作家に学ぶコースがスタートしたというニュースがありました。

マンガで伝える営業・広報ツール「マンガでPR」にプロが描くコース登場

マンガによるプレゼンテーションは図示とは異なり、「ストーリーテリング」という販売手法でもあり、効果を高く上げられるようです。

1~2ページで良いこともあり、外注するより内部で制作する方が良いようです。

また、日進医療食品が熱中症についての説明や対策を紹介するコンテンツを紹介したというニュースも最近発表されています。

萌えながら学ぶ熱中症――日清医療食品がWeb4コマ漫画を公開

楽しくストーリーを通じた資格効果がある紹介は今後広まることが予想されます。

所感:メリットの提供と販売促進

Web業界、コンサルタント業界では以前より自社サイトをメディア化するという動きが広まっています。

小早川拳次さんは、Facebook、アメブロ、メールマガジンを通じたパーソナルコンサルティングで有名になった際の手法としては、14日間の集客トレーニングを無料動画で提供するというものでしたし、LIG、Stronghold社といったWeb会社では、ブログにさまざまなTipを配信することで自社をメディア化して、接触頻度を多く持っています。

株式会社LIG (リグ)

http://liginc.co.jp/

Stronghold

http://zxcvbnmnbvcxz.com/

リードコンサルティング株式会社

http://leadconsulting.jp/

マンガで紹介されるもののほとんどが、ダイレクトメールの売込みのようなものではなく、特定の場合に困った状況がありますよねという前提を立てて、こうやって解決しましょうというソリューションとして自社製品を提供するものです。

販売促進に限らず、Tipや有益な情報を提供するコンテンツであれば、読者にとっても有益であり、コンテンツを通じて自社や自社製品を知ってもらうということが可能です。

出版取次には直接関わらないかもしれません。

コンテンツの提供方法として、季節や時々の流行に合わせた啓発コンテンツを無料で提供し、その中で提供元の商品・サービス紹介があることは差支えないのではないでしょうか。

もっと言えば、購入者には使用方法や管理方法についてもマンガでいいのかと思います。

こうした動きが自社商品情報へのコンバージョン率を向上させるのではないでしょうか。

【参照記事】

・4コマ漫画で知ろう!熱中症について

http://www.nifs.co.jp/csr/employee/cartoon

・日清医療食品株式会社

http://www.nifs.co.jp/

・大幸薬品株式会社

http://www.seirogan.co.jp/index.html

・学研キッズネット

http://kids.gakken.co.jp/index.html

・正露丸の秘密

http://kids.gakken.co.jp/himitsu/094/book/index.html

・正露丸のひみつ

http://kids.gakken.co.jp/himitsu/094/index.html

・株式会社学研パブリッシング

http://gakken-publishing.co.jp/