◆タンスの単位

箪笥 ( タンス )を数える単位は、棹 ( さお )です。

これは江戸時代に棹と呼ばれる棒を使って運んでおり、その様子からタンスを数える単位は一棹、二棹とかぞえるようにようになりました。

 

単位は、1個で数えてしまえば、その場はなんということもありません。

しかし、ビジネスの場では、そうはいきません。

 

今一度、振返りを。