楽天Kobo、書店内Koboストアを有隣堂で展開

度々行われる、楽天Koboの販促です。

書店内でKoboストアが行われます。

今回は有隣堂で展開したとのことです。

この定期ニュースでは、以下の点が強調されます。

  • 購買層の拡大を狙った販促
  • レベニューシェアで書店に利益
  • O2Oマーケティングを展開

これらは、リアル書店で電子書籍に関するイベントを開催すれば自動的に可能なメリットとなっているようです。

所感:リアル書店で販売

ロジスティックコンサルタントの加納邦広氏は、こう述べていました。

アマゾンのおすすめは本当に性能が良い。しかし、知の探究にはリアル書店か、図書館だ。」と。

インターネットでは多くの情報が無数に広がっており、新着とか検索といった機能を用いて書籍を知ります。

リアル書店では、流行りの本が平積みされ、入り口からすぐに並んでいます。

TDLやUSJに入ってすぐに大きなモニュメントが設置してあるかのようにです。

つまり、ネットの新着リストよりも、UXの視点に立てば、より印象深い出会いとなります。

しかし、書籍は、開いた状態を維持し、1ページ読むたびにめくらなくてはならないのみならず、暗いところでは読むことができません。

1冊読むごとに処分しない限り、1冊分のスペースを奪われます。

もし書店に大型スーパーのセルフレジのようなものがあり、そこに本を持っていくとその書籍の電子版がその場で支払ってその場でダウンロードできると便利です。

LINEのデスクトップアプリログインのように、カメラでQRコードを撮影するだけで、IDとパスワードが不要となれば、「決済の手間」という最大の難所をクリアすることもできます。

書店が提供している電子書籍ストアも多く存在するため、そうした利便性が似た者同士の競争から頭一つ抜き出る方法かもしれません。

【参照記事】

参照:楽天kobo、大田丸店舗で「書店内koboストア」を展開