こんばんは。

丸型テーブルです。

進捗管理 x 品質管理って難しくないですか。

身近な練習として、現場で使う技術と、資格2つと、イベントの品質管理の勉強を並行してやりたいとします。

適当にやると、適当な結果が出て、適当に低い評価が付いて、悲しいことになります。

なので、計画を立てますが、早いのか遅いのかの管理が定数的に出ないので難しく、がっつり遅れていても取り戻せそうな感じになります。

こういった一般より残念な人間がいます。

上記のような反省を踏まえて、新しく以下のように考えました。

 

1.やることとやらないことを決める

⇒やらないことは本気でやらないし、まつわるものは処分する

 

2.計画や課題をリストにして、ブレイクダウンできるようにする

⇒残課題を着手前に明確にすることで目標達成を引き寄せる

 

3.自分が一番管理しやすい方法で、自分のタイミングで管理する

⇒必ずこの日にやるって決めたり、必ずどうするという話をすると、続かない。

続けることが大切で、再計画の精度につながる。

 

今、課題となっているのが、「定量化できる確認方法」。

試験なら個人模擬試験すればいいのですが、現場で使う技術は必要なことが多すぎて、優先順位が付けずらいです。

なので、基本的な項目を箇条書きして、本当にできるかを確かめる方法を試してみたいと思います。

必要なことをすべて(もしかしたら100個超えるのかな)リストして、確認したらいいと思います。

まずはエクセルとおか使って洗い出してみようかと思います!!