PC軽量化運動を推進している、まるがたです。

日々、アンインストールするプログラムを探す処刑人です。

 

あるとき、avastというフリーのアンチウイルスソフトを入れました。

 

これは、Gom Playerを探していたら、

AdSense広告かなんかに出てきた気がします。

 

Avastがすべてのはじまり

Avastを入れてみました。

これがめっちゃくちゃ重い。

 

なんでだろうと思うほど、

重くて、アンチウイルス入れたら、

ウイルス感染したような感じの動作でした。

 

ディスクが100%になって、

CPUも40%になるので、

確実に何かが起きました。

 

調べてみると、ウイルスだった

LavaSoftという

スウェーデンの会社が作った

 

Ad-Awareというソフトと一緒に

Web Companionが入ってきます。

 

これはなんと、SSL通信の乗っ取りをします。

 

 

全然気づかなかった

すべての始まりが、Avastなのに、

全然気が付かず、メモリ増設までしてしまいました。

 

SSL通信の乗っ取りまでされていたなら、

確実に処理に影響があったと思われます。

 

現に、今のPCは快適です。

どれだけいろいろしても、

CPUが30%程度で、メモリはもっと行きません。

 

超軽い。

普通に事務処理とか記事を書くくらいなら。

 

 

Web Companionって、普通にアンインストールできない

言い忘れそうだったので、

言っておきます。

 

コントロールパネル > プログラムのアンインストール

からだと、なぜかアンインストールできなかったりします。

 

まるがたが対処した方法を以下に書きます。

 

1.プロセスを停止させた。

Ctrl + Alt + Delete からタスクマネージャーを表示させます。

「プロセス」タブの一覧からWeb Companionのタスクを終了させます。

 

2.物理的に削除した。

エクスプローラーを開いて、

C:\Program Files (x86)\Lavasoft\Web Companion

が、フォルダごと消せるようになります。

 

ごりっと消します。

再起動すると、平和が戻っていました。

 

ディスクとメモリが30%は超えない動作に進歩していました。

 

 

ちょっとまって、GeekUninstallerなるものがある

完全削除するアプリケーションが存在していて、

それを使うという方法もあります。

 

参照:【ウイルス】Web Companionというソフトが知らない間にパソコンに侵入していましたwwwというわけで削除します。

 

上の方法をやってみて、

やり方が全然分からなかった人が、

この記事で書いている方法をやってみるのが良いかもしれません。